エレガンドなコンパクトカー マツダ・ベリーサ

2017年4月21日

マツダの車で何となく嬉しい車があるなと思ったのは10年ほど前の話。それが今も売られ続けるとはその当時は思いもしなかったけれど、ときにはこういう車の新車(古いモデルだけど新車)を街で見かけて粘り強い人気があるなと感心させられる。

マツダ・ベリーサ。マツダのホームページを見てもらうとうなずけるが、ベリーサはワンランク上の上質なコンパクトカーとして位置づけられている。エクステリアもインテリアも下品な部分は一切無く、意外と2004年に販売されたの?ヨーロッパからの外車なのでは?って見まごうほどです。マツダの100万円代の車というと何処かみっともなくて男臭いイメージ、商用車くさいイメージがあるが、本当はベリーサのようにオシャレを気にする人に選んでなくなる上品な車が存在するのである。また本革シートが好ましいし、静粛性もこういうクラスナンバー1から「マツダも頑張ればこなせるじゃん」的声が販売当初から非常に多かった。

尚、2004年から何回かマイナーチェンジをしているが、そうは言っても根っからが古い車なので燃費・環境面の性能や安全装備が充実していない。ですからそれらは欠点だと私も想う。トヨタのイストも似たような状況だから…として我慢するしかない。も普通に乗る分には十分すぎるほど望ましい車です。マツダには次期ベリーサを、今のコンセプトを継承したまま開発してほしいものだね。セダン

可愛くて燃費の良い車

2017年4月1日

私が気になる車は、女性が乗じるのにぴったりな雰囲気の車だ。
家族で跨る車は、夫がメインで運転するのでさほど可愛すぎるタイプだと後ろめたいかと思いますので、
どちらかというと素晴らしい雰囲気のものがいいと思っています。

も、私がのぼりたいのは必ずや女性という感じのデザインの車だ。
たとえば、ミラココアやラパンショコラなどです。
燃費は正直なところもっといいのもありますが、とにかく私は未だにマイカーを有する経験がないので、
いっそ愛着の湧くものがいいと思っています。

もし、私もマイカーを持つことができれば
一層行動範囲が広がって生活が楽しくなるのではないかと思います。

たとえば、車に乗って市でやっているクラブやプールに行ったりなども憧れますし、
なんとなく遠いスーパーまで子供とお買いものに行ったりもよろしいなぁと思います。

やはり、車を持つメリットは行動範囲を広げられることかもしれませんね。
今いる地域は、車がないと随分行動が制限されてしまう。
ですから、夫婦で2台の車を持っているという家庭がいやに多いのです。

今は子供が少なく、私もたくさん動くことができないので
車を2台持つという家計が圧迫されてしまいますが、
敢然と動けるようになったら、2台として爽やか生活に目指すだ。スポーツカー 人気ランキング

古臭いけどそこが良い愛車

2017年1月1日

私は今日産のノートに乗っていらっしゃる。大人年間目で何とか車(ユースドカー)を買いましたが、その初めての車がいま乗っているノートだ。その時はやっぱ早く車が欲しいからと知り合いが日産のディーラーで働いていたのでお願いしました。車種も色も大して深く考えずに日産の小型車だったらノートぐらいだからそれでいいかと適当に決めてしまいました。正に試乗をしたりすることも無く購入しました。納車されてすぐに思ったのは見た目がダサいといった感じました。最初のうちは違う車にすれば良かったかなと思っていました。当初の予定では3年ぐらいしたら一層高くて素晴らしい車に乗り換えようと思っていました。ですが結局6年ほど経っても未だにノートのままです。来月は車検ですが受けようとしていますし、次の車を具体的に考えているわけでもありません。本当にノートを乗っているって運転し易くていいです。見た目は今でもみっともないとしていますが、一旦何年も乗っているといった愛着もわいて来る。今13万キロほど走っているのですが、いっそ20万キロぐらいまで走って廃車になるぐらいまで敢然と使いたいと思います。およそ衝動的な買い物でしたので反省始めるところはいっぱいあります。ですが結果的にはノートを買ってよかったと思います。ミニバンランキング|2016年人気のミニバンを比較!

ペーパードライバーですが車が好きです

2016年12月11日

私はペーパードライバーですが、夫は大の車好きです。夫が乗っている車は来年車検なので最近車の買い替えを考えているようです。ぐっすり車のサイトを見ていますし、時として「これ買って。」というので夫のタブレットを見ると、そこにはレクサスの新古車情報が。わたしレクサスは日本車の超高級車と思っているので、中古で有難いならベンツなどの外車は何とかと聞いて見るのですが、やはりレクサスに心を惹かれる様です。ベンツやBMWなどの外車は見た目も広いし、一際あのマークが特徴的なステイタスになっています。でもレクサスは私にはどう見てもそこまでの価格の高級車に見えないのです。常々その様な感想を夫に言っていたら、何と先日ディーラーに連れて行かれました。ディーラーは緊張するほど高級感にあふれ、すばらしい香りも店内に漂っていらっしゃる。テーブルでお茶を受けながらカタログを見ました。率直な感想は、「やはりそれだけの値段の理由があるのだな。」という事です。外観よりも内装の豪華さやドライブの際の詳しい大丈夫の安全装置などが、そこまでやり遂げるのかというほど、ほとんど未来の車の様で至れり尽くせりでした。勿論大半はオプションでしたが、説明を聞いているうちにオプション全付で即欲しくなってしまったのです。試乗した夫の目はギンギンして営業の方を質問攻めにしていました。その後クルマですセルシオに乗って帰ったのですが、これも心から済む車です。故障もないし走りも静かで車内も豪華なラウンジの様にゆったりしているんです。とにかく手放したくありません。8年間一際そう思っています。軽自動車 ランキング

車って時代

2016年11月21日

私が若い頃(今もまだ、若いと思っているが・・)車が好きな人間が周りに思い切りいた気がする。誰が何に乗っている、誰が何を買ったなど、羨望という嫉妬というに包まれて話題に至ることも多かった。若者はスポーツカーをふるって乗りまわし、あちらの峠、こちらの峠を走ったりしたものだ。ノーマルで満足することなく、ホイールを入れたり、マフラーを替えたり、サスペンションを交換したり、シートを入れたり。お金をかければ掛けるほどカッコよくのぼる愛車にゾッコンであった。ところが、今の若者はどうだろう。至って興味がない人が多数ではないだろうか。車自体でそうだから、スポーツカーになると、燃費が悪そうとか、うるさいとか、乗り心地が悪いとか。そもそも車の免許を取らない人も多くなったかもしれない。たとえとったとしてもペーパーだったりやる。なんで、こんな短期間で車への興味が失われて言うのだろう。カワイイ車がなくなったのか?貰う人が短くなったから、カワイイ車が減ったのか。どうしても、若者の草食系化が問題な気もする。攻めることによって、しれっと草を食むのんびりとした動物のごとく平穏を求めているのではないだろうか。私はいい年だが、未だに憧れの車はスポーツカーですし、乗ずるならボディカラーは赤としてある。 コンパクトカー 比較

購入を検討したドイツのクルマ

2016年10月21日

真剣に購入を検討したクルマのドイツ編だ。

[VWタイプ1(通称:ビートル)]
ドイツ車のスタンダードと呼ばれる名車だ。幼い頃から大好きで、高校の担任が乗っているのを羨ましく思っていました。本国で生産中止になった後もメキシコで2003年まで生産が継続されました。例にて、何とか “生産中止” という頃に購入を検討したのですが、諸事情によりそれには及びませんでした。

[VWコラード]
‘88年に登場したVWのリアルスポーツだ。当初はGラーダーと呼ばれるスーパーチャージャーを搭載した直列4気筒SOHC 1.8リッターのエンジンを搭載していましたが、後にVR6と呼ばれるV型6気筒2.9リッターエンジンに換装されました。これも購入を検討しましたが、予算の都合でそれは叶いませんでした。

[VWルポ GTI]
1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンに6速マニュアルトランスミッションが組み合わされる、いわゆるホットハッチだ。ポロよりも20cm以上も全長が少なく、そのコンパクトさが素敵でした。こちらは、「よろしいなぁ」と思っている内に輸入が中止となりました。

[アウディTT(初代)]
その個性的なボディ・デザインが大好きだった1台だ。2代目はひと周り大型化されると聴き、購入するには今しかないと思いましたが、前もって予算の都合で夢は叶いませんでした。車 売る

この間買った車

2016年10月11日

わたしは、この間約10年ぶりぐらいでしょうか。目新しい車を購入しました。以前はイギリスの車、ローバーに乗っていたのですが、今回は、プジョーを買うことにしました。日本車の方が値段も短いし壊れ辛い気がするのですが何だか外車がほしくなります。以前のっていたローバーは結構乱れることが多く修理代にお金がどうしてもかかりました。但しまた懲りずにフランスのプジョーだ。プジョーというとなんとなくピンとくるイメージはフランス警察の気がします。フランスに行ったり、映画をみていると絶対といって素晴らしいほどプジョーが登場します。相応しい例に、フランスの映画でTAXIという映画があります。主人公はプジョーに乗ってます。かっこいいイメージでしたプジョーは。ですからプジョーを買ったというのもあるのですが。さいきんは新車なのでとっても慎重に乗ってある。プジョーは案外加速が素晴らしくさんざっぱらスムーズだ。但し燃費は悪いですね。なぜなら本当にガソリンをくらうからです。以前乗ってたローバーとり燃費は食いますね。 こんかい買ったプジョーの色はブルーだ。幾らか深いブルーにしました。黒って迷ったのですが、黒だと汚れが目だたなくていいのですが。ちょい雰囲気が紺のブルーの方がよかったのでそっちにしました。《車査定》あなたの愛車を数十万円高く売却するポイント

むずかしい・・・ユーズドカー選び

2016年10月1日

昨年の12月に長く乗っていた外車のステーションワゴンからワンボックスに買い換えました。
家のガレージが小さくて、車の車幅、スライドドアを開けたときの車幅までサイズを測って車種を選び、
吟味に吟味を重ねてやっとこ購入した車だ。
何だかんだ調べた!としていたのですが、現にユーズドカーを見に行ったら連絡せずに行ったので
車は奥の方にあって、周りも人がようやっと通れるくらいしか空いておらず、試乗できなかったんです。
でも主人が「これにする!」と言って聞き流すのでその場で購入しました。
今思えばこれが大きなターニングポイント・・・・。
購入して引き渡しの時に初めて乗っかることが出来た車。
まるで感想は・・・「動きがふかふかする」でした。
今まではてきぱき反応の良いステーションワゴンだったので、ハンドルやアクセルの遊びがおっきい
ワンボックスに違和感が。
それはやむなしと思ったのですが、一番ショックだったのは燃費の悪さ。
中古とはいえ日本車で、以前乗っていた外車のステーションワゴンよりももっとさらに燃費が
悪いとは考えもしていませんでした。
デジタルで今の燃費が出るのですが、それを0.1kmも手広く表示させよう!として頑張って
燃費が良いであろう運転をしています。
いまではこれがゲームのようになって、日々燃費が好ましい運転を心がけてある。
数年は頑張ってのぼり続けたいと思いますが、次に車を買う時には絶対試乗って燃費を考えるのは
忘れないようにしなくちゃ!としてます。SUV

レクサスに乗ったおじいちゃん

2016年9月19日

私のいる田舎では、移動は基本的に自動車だ。学生や主婦は自転車に乗っている方も多いですが、基本的にはセルフに一台といった具合だ。
そういう大人を見て育った私ですが、仕事をはじめるまで、移動は自転車やスクーターで十分であろうと思っていました。但し本当にまわりの人たちが自動車で通勤やる中、自転車で通勤やることは不便なだけではなく、自分を見分ける周囲にも影響しているのではないかと捉え始めたのもあり、散々迷った挙句ヴィッツを購入しました。
24歳として初心者ドライバーとなった私には、最初運転は億劫でした。但し、バック駐車も余裕で出来るようになった頃には運転も面白くなり、だんだん自動車にも興味が出てきました。ヴィッツも乗り心地が良くて有難い車ですが、スタイリッシュ高級車にも憧れを抱き取りかかりいました。但し、とにかく自動車は大きな買い物。インターネットで様々な車を調べて、画像を眺めてはため息を付く日々でした。
そういうある日、自宅の隣にレクサスが停まっていらっしゃるではないですか!おや、スタイリッシュな~と思っていると、次の日もおんなじ自動車が停まっていました。最近お隣に用事があって通っているのでしょうか。ある日、そのレクサスがお隣から行くところに遭遇したので、いかなる素敵な人が乗っているのだろうと興味津々で中を見てみると……、誠に、白髪のおじいちゃん!バックで出ていき、後続車がいるのにウィンカーも出さずに車道で停まっていらっしゃるではないですか!それを見た瞬間、私は絶対におじいちゃんになる前に、スタイリッシュ高級車を購入して見せつける!という決意したのでありました。輸入車 人気 ランキング

昨今ではネットの一括査定サービスを使って…。

2015年12月25日

昨今ではネットの一括査定サービスを使って、容易に査定金額の比較というものが可能です。一括で査定に出せば、ご自宅の車がどの程度の価格で買取してもらえるのか大体分かるようになります。いうなれば車の下取りというのは、新車の購入時、新車販売会社に現時点で持っている中古車を譲り渡して、買う予定の車の代金より所有する中古車の金額分を、サービスしてもらう事を表す。力の及ぶ限り数多くの見積もりを依頼し、一番良い条件の中古車ディーラーを掘り出すことが、愛車の査定を良い結果に導くベストの手立てでしょう。極力、気の済む買取価格でお手持ちの中古車を買い取りしてもらう為には、詰まるところ多種多様な中古自動車の一括査定オンラインサイト等で、査定に出して、検証してみることが大事です。10年落ちの車だという事は、下取りの金額を目立って低くさせる原因になるという事は、当然でしょう。目立って新車の時点でも、さほど値が張る訳ではない車種では明らかです。様々な改造を加えたカスタマイズの中古車だと、下取り不可の確率も上がりますので、慎重にしましょう。

標準仕様の方が、売買もしやすいので、査定額アップの得点となるのです。近場にある中古車査定店に即断してしまわずに、ぜひ複数の会社に問い合わせをするのが良策です。各店それぞれが競り合って、いま保持している車の下取りの評価額をアップさせていく筈です。中古車査定相場は、最短で7日もあれば浮き沈みするので、ようやく買取相場額を掴んでも、具体的に売ろうとする際に、予想より安い買取価格!ということもしょっちゅうです。車査定専門店により買取促進中の車のモデルが様々なので、より多くの中古車査定のオンライン査定サービス等を活用することによって、より高い査定金額が提示される確実性が上昇します。車を下取りに出す場合、事故車の取り扱いを受けると、実際に査定の金額が低くなってきます。売却する時にも事故歴の有無は明記されて、同じ車種の車体よりも安い価格設定で販売されるでしょう。出張買取してもらう場合は、自分の家や会社で腑に落ちるまで、店の担当者と協議することも可能です。

色々な条件次第でしょうが、希望になるべく合わせた評価額を飲んでくれる所も多分あるでしょう。多くの中古車販売業者から、あなたの車の見積もりをさっと一括で取得できます。お悩み中でもOKなので、お気軽にどうぞ。あなたの愛車が今なら幾らぐらいの金額なら売る事ができるのか、その目でご確認ください!今日、インターネットを使った一括中古車査定サイトを使ってみることで、自宅にいるままで、気楽に複数の査定会社からの査定を提示してもらえます。車の売買のことは、知識のない女性でもできる筈です。車検が過ぎている車、改造車や事故った車など、よく見かけるような中古車査定店で見積もり額が0円だったようなケースでも、見放さずに事故車を扱っている業者の査定サイトや、廃車の専門業者による評価サイトを使用してみましょう。中古車査定のオンライン査定サイトを、複数駆使することで、紛れもなく多くの業者に対抗して入札してもらえて、買取価格を現時点の高額査定に到達する条件が準備万端整ってきます。